一ヶ月ぶりの東京

 東京に行くと癒される。

渋谷、この人ゴミ、

 

東京に住んでるウザいだけだったけど、

 

静岡県に住むようになってから、

 

 

渋谷に行くと、

 

「ああ、帰ってきた。ただいま・・」

 

そんな気分になる。

 

 

静岡県には自分は受け入れられてないような気がする。

東京は、来る者拒まず的なところがあって、

 

「自分はここに居てもいいんだな」

 

と、つくづく思う。

 

 

やっぱり東京が好きだ。

 

親の発言に傷つく毎日

 実家で生活するようになってから、毎日父親と食事をするなって一ヶ月。

 

考え方の違いから、口論になる事が多い。

 

いや、口論というより、こちらが言われっぱなし。

昔から、口喧嘩では誰とも勝った事がない。

言い負かされてしまう。

 

親子だからか、容赦がない。

容赦がないのは正確には親の方。

 

こんな事なら、東京に居れば良かったと思う毎日。

 

時々、テレビで親子殺人の記事とか出るけど、気持ちがわかってしまう。

 

自分の身を守るためには引きこもるしかない。

もちろん仕事も行ってるけど、自宅にいると父親からの避難を浴びるので逃げてる。

 

まあ、父親もいい歳だからそう長くはないけどね。

 

 

仕事の初日は無事に乗り切ったようだ

 ここしばらく仕事でうまくいかない事が続いたので、不安ではあった。

最初に大失敗をやらかし、その後、萎縮した状態が続いてしまうとか、

パターン化していた。

 

今回は乗り切った感がある。

 

 

仕事に入る前から何となくうまく行くような気がしていた。

 

まだ油断はできないけどね。

 

40過ぎのおっさんだけどねバレエがやりたい

東京にいた時は結構バレエがやれてた。

 

スタジオでも男を受け入れてたし、フィットネスクラブでもバレエクラスがあり、

20~60代くらいの男が普通にバレエをやってた。

 

ところがね、静岡県に引っ越してきて、全然バレエができない。

男は拒否されてるとしか思えない。

 

東京に戻りたいなぁ…

 

静岡県に住むようになってから随分太った。

 

月に一度くらいは東京までバレエをやりに行くけど、何とかならないのか。

この状況は。。

カラーコーディネーター試験が終わった。。

ながかった。準備に半年以上かけて問題集とかやってたから。

 

その割にギリギリでバタバタ詰め込みで覚えてたけど。

終わってみるとあっけなかったな。

問題数が少な・・・

 

色彩検定の時は、「時間内に終わるのか…コレ…てくらいヘロヘロになりながら

焦って回答書き込んでたけど、今回のカラコは問題数は余裕すぎる。

30分くらいで一通り書き込んでしまった。

 

じっくり見直しの時間を入れても1時間。

テキストとか、過去問題集とかボリュームを考えたら大分気が楽だった。

 

ま、それで受かったとは限らないけどね。

奥が深いので。

 

それでもこれで何か一区切りついた気がする。

新たな自分に向けてステップアップしていけそうだ。

 

さあ、後半は流れを変えないとね

 今年、なかなかに全般戦

 ダメダメだった。

 

でも、そろそろ流れが変わるでしょう。

 

 

と信じてる。

 

根拠なく、信じれるってのは何かがあるんだろう。

 

 

ネガになって予防策をはる方だけど、それはそれでシンドイ。

ダメな方を用意しておくから。

 

ちょっと生き方を変えていこうか。

 

そんな気分。

ちょっと今廃人

  実家にUターンしてから一ヶ月。

 

新しい仕事も長続きしない。

 

 

幸い、食べるものには困らないし、家賃もいらない。

 

けれど、何かを無くした。

生きる目標だったり、無我夢中でやる気持ちだったり。

 

 

やりたくない仕事はしたくない。

もっと自分に適した仕事があるはずだ。

 

暗中模索、トライアングラーが続き、結果定職が定まらない。

 

 

まだ独身だからか幸いか、こんな事言ってられるのは、

人生、このままかもしれない。

 

それでも幸せだったかな…?